忍者ブログ
座長ってなんだ? ラムネ☆天色堂 日沖和嘉子の考える日々をのんびり綴ります。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8

中学校に行ってきました!



日暮里舎人ライナーに初めて乗り、足立区へ。

駅から学校までにコンビニもなく、長閑ないいところでした。

午後になると門が開いているので二階の職員室へ来てくださいと言われていまして、セキュリティ的に不審者扱いされないかとドキドキしながら入りました。

職員室では、教頭先生なのかしら、ちょっと偉い席の先生が対応してくださって、

「ああ、日沖先生ですか。伺っております。今日はみんな楽しみに待っていたんですよ。ありがとうございます」

と、ポロシャツにジーパンでリュック背負った私を先生扱いしてお礼まで言ってくださるもんだから、うっかり

「はあ、こちらこそすみません」

と口走ってしまいました。


程なくして、演劇部の顧問の先生がいらして

「ネットで見たままの人だわ!」

と駆け寄ってこられました。

溌剌とした、明るい先生で、少しホッとしました。

台本は藁半紙に印刷したものをいただき、懐かしい気持ちになりました。

「いつもは塾や習い事で全員揃うことが少ないんですけど、日沖先生が来るということで今日は全員集合しているんです!」

日沖先生、どんだけ偉いんだよ……と恐縮しまくりで教室へ。

長くなるので、つづく……










PR
09/25 (Sun) 「演劇部!

中学校の演劇部の先生と連絡を取り合って、今週、練習しているところを訪ねることになりました。

足立区だって。

すんごい遠そう。

でも、嬉しい!



10年程前に中野区の中学校の演劇部に書いた私の台本を上演してくれるんですって。

上演許可の連絡が来た時に、先生は今年から初めて演劇部の顧問になったそうで戸惑いながら指導をしていると仰ったので、遊びに行かせて欲しいと話したのでした。

別に何も出来ませんけどね。

そしたら喜んでくださって、

「ウチは弱小演劇部なんですけど……いいですかねぇ」

と言われました。

演劇に弱いとか強いとかいう表現を使うのは大会やコンクールで競い合う学生演劇ならではなんでしょうね。

私は学生演劇の経験がないので、新鮮でした。



10年程前に関わったあの演劇部も、たぶん弱小演劇部だったんだと思いますが、みんな楽しそうだったし、大会まで必死になって練習していたので、きっといい思い出になったはず。

私も楽しかった。

強くても弱くても、演劇を楽しんでもらいたいなぁ。

弱小演劇部、会えるのが楽しみです。








09/24 (Sat) 「小さくなぁーれ!

モダンバレエのレッスンに復帰しました。

久しぶりに2時間絞られて小さくなったところです。



……そんなに小さくないですね。

まだまだ絞れるってことかな。

来週もしっかり絞ってもらいましょう。


毎年12月にレッスンをしている幼稚園のホールで小さな発表会をします。

幼稚園の部と小学生の部と大人の部が一曲ずつ披露して、みんなでケーキを食べるという年末の恒例行事。

だいたい夏から振付が始まるのですが、今年の夏は西瓜糖だったし、11月は菜摘さんと吉本の公演ですからね。

こりゃ出られないなと思っていたら、既に衣裳を用意されていました。

わかは途中から出てくるように振付考えたから大丈夫と言われましたけどね、ステップがややこしそうだ。。

10月の5回のレッスンと12月の本番前最後のレッスンでなんとかしなくてはいけません。

こりゃ、がんばらにゃ。

とにかく今日は筋肉痛だな。







09/24 (Sat) 「10年

昨日のことですが、急遽予定が合ったので会ってきました。

何ヶ月ぶりでしょうね。

10年前に「やわらかい服を着て」という作品で共演した月影瞳さん。



若い人ばかりの群像劇だったので、皆んな、しだれ姉さんと呼んでて、だから未だにそう呼んでいます。

以来、ラム☆天のチラシの表紙を飾ってもらったり、ご実家に遊びに行ったり、お世話になってきました。

あの公演中に生まれた甥っ子が今年小学四年生だから、出会ってちょうど10年ですよって話をしたら驚いてました。

年取るはずだねぇ……なんてしみじみしながら、韓国のカキ氷パッピンスを食べました。



姉さんは、旦那さんのお仕事の都合で数年間台湾に居たのもあり、中国語が話せます。

言葉のことや、海外の珍事や、文化や価値観の違いや、久々に色んな話ができました。



しかし、10年。

あっという間だな。








09/22 (Thu) 「鮭とかぼす

先ほどの鮭。

友人に「まずは、やっぱり塩焼きにしてください」と言われたので、こないだ麦ちゃんが徳島のお土産にくれたかぼすを絞って……



……んんんんんめーーーー!!!

ありがとう。

ご馳走さま。









以前バイトしていたところで一緒に働いていた大学生の女の子が、数年前に地元の北海道に帰って就職したんですけど。

北海道に帰ってからもちょこちょこと親交が続いておりました。

東京に遊びに来た時に飲みに行ったりね。

彼女の趣味が釣りだと知ったのは去年のことでした。

とにかく、たくさん釣れるらしいです、鮭が。

鮭って割と大きな魚でしょう?

とても華奢な可愛らしい彼女がつれるものなんですね。

土地ならではの趣味を持つのは、羨ましいですわ。

こないだ、「今年は3匹釣れました!送ります!」とLINEをくれて、先ほど届きました。

わぁお!

イクラも醤油に漬けてあるよー!!




東京に出て来て、色んな人に出会いました。

地元へ帰る友人を寂しい気持ちで送り出したこともたくさんあります。

でも、これって、日本のあちこちに友人が居るってことだねぇ。

東京に出て来たと言っても、私はとても小さな世界で生きていますが、小さな世界の先に大きな世界を見た気分です。

どうやって食べようかなぁ。

塩焼きにするか、ちゃんちゃん焼きみたいに野菜と炒めるか……。

悩ましいなぁ!









09/21 (Wed) 「ごま入り

台風がすぎて、秋めいてきましたね。

もう台風来ないで欲しいな。



(ごま入り)ってどういうことだろう。

早生柿(ごま入り)?






09/19 (Mon) 「電源をオンしたい

西瓜糖の稽古始まって以来、久しぶりにパソコン持って駅前のタリーズへ。

秋に入ってきたねぇ、メニューが変わっている。

見かけないお兄さんがレジに立っていました。


私「アイスの……」

兄「はい、アイスの」

私「アップルオーチャードティーをトールで」

兄「アップルオーチャードティーのトールですね」

私「はい」

兄「ホットにしますか、アイスにしますか」

私「(だから)アイスで」


こんなことは、よくあること、よくあること。

(だから)は飲み込みました。


兄「店内用のグラスでお作りしてよろしいでしょうか?」

私「はい」


店内用のグラスで出してもらう方が好きなので、そうしてもらうことにしました。


兄「青いランプの下でお待ちください」


私の他にレジにはお客さんがいなかったので、お兄さんはすぐに私の飲み物を作り始めたのだけど、持ち帰りカップを手に持っていたので、


私「あの、グラスでお願いしたいんですけど(あんた、さっき、自分から店内用のグラスでっつったんですけど……)」


と声をかけたら、初めて言われたような顔で


兄「店内用のグラスですね。かしこまりました(ニコッ)」


と言ってアップルオーチャードティーを作ってくれました。

また飲み込んでしまった。

(ニコッ)いらないんだよ、グラスちょうだいよ。。

お兄さん、きっと電源オフにして働いてるんだわ。

もっと、ハッキリと飲み込んだ言葉を口にしてやればよかった。

彼の電源をオンするような、飲み込んだ言葉よりもっと辛辣なやつを。


そのあと、おじいちゃんにも「カフェラテですね?」って3回くらい聞き直してて、「だから、そうだよ」ってイラっとされていました。

カフェラテ聞き逃すのか、タリーズ。










09/15 (Thu) 「休息

昨日、西瓜糖が無事に千秋楽を迎えました。

連日満席で、とても気持ちのいい千秋楽となりました。

朝まで皆さんと打ち上がり、昼過ぎまで泥のように眠りました。

沢山のいい出会いに感謝!


夕方には、先月から約束していた新大久保へ。

韓国語の先生をしてくれる友達と行ってきました。

待ち合わせの場所や、店選びなど、久しぶりに韓国語でLINEのやりとりをしたんですけど、やっぱりサボタージュしてた分、私の脳は反応が遅くなっていました。

また勉強しなきゃ。


で、今夜は内臓がヘトヘトなので参鶏湯を食べて来ました。



参鶏湯は煮込み料理だから冬のイメージだけど、夏にこそ食べた方がいいとお店のおじさんが言ってました。

まあ、もう秋だけどね。

汗だくになりながら、柔らかい鶏肉を頬張り、優しいスープをすすり、ちょっと健康になった気がします。


デザートはいつものカフェのテラス席でパッピンス。



近況や、芝居の話、体の話、声の話、韓国語の話……沢山話して、またモチベーションアップ。

いい休日でした。






09/03 (Sat) 「ふぃー

なーんか、体がおかしいなぁ、おかしいなぁと思ったので、今日は楽しみにしていた飲みを諦めて帰宅。

銭湯に行くことに。

明日で稽古が終わり、小屋入りですからね。

準備しとかんといかん。

さて、どこの銭湯に行こうか。

今日は神社のお祭りがあったようです。

ということは、先日行った銭湯は狭いのに人がいっぱいいる可能性が高いから却下。

行ったことのない銭湯を目指してチャリをこぎました。

暫く通らなかったから気づかなかったけど、閉店しちゃってる……。

仕方ない。

さらにチャリを5分程こいだところの天然温泉のある銭湯へ。

露天風呂もあるのに普通の銭湯と同じ値段。

土曜は混んでると思ったんだけど、広いからお客が多くてもゆったり浸かれました。


ジェットバスで腰を刺激したり。

本日の湯 炭酸泉に浸かったり。

もちろん露天風呂にも入りました。

最高だ。

さすがに小洒落た銭湯だから、あの一瞬で髪が乾く機械はありませんでしたが、大満足。

回数券買おうかしゃん。

締めに小岩井の瓶。



グッスリ寝られそうです。







09/01 (Thu) 「GOOD!

今日、稽古中に事務所から電話が来ました。

稽古中に電話してくるなんて珍しい。

当然出られなかったら、今度はメールが来て「上演許可に関する問い合わせが来たよ」とな。

……え、なんの?


なんとそれは、むかーしむかし、25か26歳くらいのころ、ちょうど暇を持て余していた時期にカトケンの先輩に頼まれて都内の中学校に書いた台本の上演許可申請でありました。


当時は台本なんか書いたこともなかったのに、「お前に頼みたいんだ」と思いつきで依頼をされて書いたものです。

先輩と飲みながら口立てでプロットを聞かされるのをメモし、構成してセリフを書いて行くという行程で生まれた「GOOD」という作品。

私の処女作……と言っていいのかな。

たしか、まだパソコンを持っていなくて手書きでしたよ。

先輩が演出するというので、くっついて何度も部活に顔を出しました。

私の手元にはもう台本の原本もありませんが、なんと区大会で優勝しちゃって(たった四校しか出場してない大会だけど優勝は優勝)、都大会にまで出場しちゃったもんだから都内の中学演劇の台本集に掲載されているらしいんですね。

今回はそこから見つけてくれたそうです。


実は、あちこちの中学校で上演されていたり、勝手に「GOOD2」なるものが作られたりしたらしい。

風の噂的には聞いていたけど、中学生の演劇に関わったのはあれっきりなので、大した情報も入ってきませんでした。

上演許可を申し出てくださったのも今回が初めて。

そのことに腹を立てているわけではなく、先輩とキャッキャキャッキャと楽しくやったことがそんな風に広がりを持ったことを単純に嬉しく思っていたんですよね。

でも、そんなことすら、忘れていました。

その位むかーしむかしの事柄なんです。


先ほど、演劇部の顧問の先生と話をして、こちらの西瓜糖公演明けが彼らのテスト期間明けとちょうど合うようなので、部活に顔を出そうかと思っています。

10年以上前に書いたものに、また中学生たちが取り組んでくれるなんて、嬉しいよ。

ほんとに、嬉しい。





08/29 (Mon) 「せつなごや

今日の祐子さんとの帰りの電車では名古屋が話題になりました。

名古屋の大物女優の山田マサさんの話もチラッとしたし、モーニングの話もしたし、可児の思い出も話しました。


名古屋といえば、パチンコと喫茶店の町として有名ですよね。

ウチのじいちゃんは、小牧の駅前でニューヨークという名前のパチンコ屋を経営していました。

たしか一宮か岩倉の方にももう一店舗持っていたと思う。

バブル期だったのかその直前だったのか、馬主もやるくらい名古屋的な実業家じいさんでした。


ニューヨークは、「ニューヨークに行きたいかー!?」で有名なウルトラクイズのロケ地にもなったことがあり、私の初めてのパチンコは幼稚園時代でした。

近くに大統領という大きなパチンコ屋が出来て、ニューヨークは潰れてしまいました。

大統領が直接の原因でニューヨークが無くなったのかはわかりませんが、お客はかなり大統領に流れている……と子供ながらに思ったのでした。

今や大統領も駅前にはありません。

大統領ができてニューヨークが潰れるってのはなんだか笑っちゃう思い出なんですけど、小牧駅の形は変わり、もう駅前にはニューヨークも大統領もなくて、じいちゃんもいなくて、じいちゃんと暮らした家もない。

育った家が無いってのは少し切なくなります。


今夜は名古屋弁を喋りたくなりました。

祐子さんが付き合って名古屋弁で返してくれるし、そりゃ、止まらんわ。

祐子さんも私も声が大きいし、「近くにいた乗客はどこの田舎モンだろ」と思ったことでしょうが、少し心がのんびりしました。
08/07 (Sun) 「いい日!

今日は稽古がなかったので、夕方から座・高円寺へ。

劇作家協会の企画の最後に愛さんたちのトークがあったので、麦ちゃんと行ってきました。

久しぶりに愛さんにお会いしたのですが、会う度に綺麗になる気がするんだけど、そう思うのは私だけだろか。

トークテーマは「男が書く女、女が書く男」。

面白かったし、色々思うところもありました。


愛さんについて行って、飲んで帰ってきました。

色んな話が出来ました。

猫の話、お父さんの話、スマホの話、芝居の話……選挙や政治の話も。

私なりの考えや感じている事柄を、愛さんはどう見てるのかな……とか、聞きたい話が聞けました。

いい日だったーぃ!٩( ᐖ )و

愛さんの戯曲、読み直そうかな。











今日、稽古場の横のコンビニに入ったらナイススティックというパンが目に入りました。



ラズカルズ「真夜中」に出演した時に舞台上で食べて以来、すっかり飽きて食べていなかったナイススティック。

大体の物は舞台で毎日食べると嫌になります。

もう、そろそろ時効だろ……と手に取りました。


稽古場で食べていたら、三田村さんがニコニコしながら、

「君は、そのパンがよく似合うなぁ」

と仰いました。

みんな笑っていて、非常に和やかな時間でありました。

オニギリ、大福、肉まん、アンパン、丼飯……私の歴史の中でこういう細長いものが似合うと言われたのは初めてでした。

形状問わず食べ物全般が私に似合い始めたようです。

どんとこい!




07/28 (Thu) 「麦ご飯

ここのところ涼しいので、ご飯が美味しいですね。

私はいつだって美味しいけど。


私、自他共に認めるよく噛まない系女子です。

よくないですね。

よくない。

この件で田舎のお姉にどれ程怒られてきたことか。


でも、そんな私が昨日からよく噛んでいる。

奇跡。

注文していたもち麦が届いたんです。

こないだは押しもち麦と讃岐はだか麦の丸麦と押し麦、三種類のミックスを買ったんですけど、今回は押してないもち麦オンリー。

憧れだったの。

ちょうど新米ならぬ、新麦が出始めてるらしく、ネット通販で探すとわんさか出てきます。

私が購入したのは、ダイシモチ麦。

元々、麦には色んな種類があって、更にもち麦も種類が分かれることを今回初めて知りました。


モッチモチで美味しいって聞いて買ってみたんですけど、とにかく押した麦に比べて存在感がすごいんですわ。

お米と明らかに噛み心地が違うので、噛みにいっちゃう。

なに、この噛む楽しさ。

ちょっとアゴが疲れてます。

ダイエットで大人気らしいですけど、期待しないで飽きるまで続けようと思います。

ダイエットどころか、美味しくて食べすぎないようにしなきゃね。

次は何麦にしようかなぁ。









07/20 (Wed) 「夕飯

冷麺はないのに冷凍庫に冷麺のスープだけあったので、6割ぐらい流水で溶かしまして。

素麺とスライスしたトマトと、細かく刻んだキュウリと茗荷と塩らっきょう。

冷たいスープに素麺を入れたモノを韓国で食べさせてもらったんだけど、あれはアサリが入ってたから、高級感が違う。

そして、茗荷が日本を主張する。



でも、美味しかった。

さらっと夕飯済ませて、いってきます!




07/08 (Fri) 「お疲れ様会!

久しぶりにオーディションに行ってきました。

たった1時間ほどのオーディションだったんだけど、汗だくでした。

他の人は涼しげだったけど、私だけ汗だく。

みんなには夏、来てないのかしらね。



で、まだ結果が出たわけでもないのに、1人でお疲れ様会。

最寄りの三東餃子へ。

テレビにも出た羽根つき餃子の店なんですよ。



1人で入るのは勇気がいるけど、すっっごく喉が渇いてたんです。

そういえば、昼から食べてなかった。



酔ったな、久しぶりに。



たまには、いいよね。

明日はダンス!

寝る!٩( ᐖ )و








06/25 (Sat) 「アチチュード

私には、子供の頃から、覚えてしまえば簡単なことなのに脳が記憶することを拒否する事柄が幾つもあります。

馬鹿なのか……と言われると、まあそこまでなんですけど。

今度こそ覚えようと、わざわざお願いして改めて教わっている最中でさえ、余所事を考え出して拒否したりします。

靴紐の結び方とか、社会科の時差問題とか、英語の9月から12月あたりとか、韓国語の固有数字の8以降とか……。


カトケンに入った時からお世話になってきたモダンバレエも用語が未だにあやふやです。

申し訳なくて、今更聞けない感じでズルズルと18年。

今回のレッスンでも先輩から、

「綺麗なアチチュードで回れてるのに、その後のパッセがどうしてそんな低くなるのさ」

と言われました。

「……アチチュードってなんなのさ」

それでも、まあ、できてるとこはいいやと。

パッセはわかってるのでパッセのことだけ考えてレッスンを続けました。

褒められ好きな私はなにを褒められたのか気になり、帰りの電車で先生に恥を忍んで聞きました。

笑いもせず怒りもせず、優しく教えてくれました。

だから、また忘れると思います。

こんな先生だから、私なんかが続けてこられたんだろうな。

ありがて。

反省しよう。。。


写真は、レッスンを受けているホールがある幼稚園の隣にある畑です。



ブロッコリーって収穫しないとこんなことになるんですね。

とても恐ろしい植物に見えました。

そして、キュウリのトンネル。



夏だね。








06/19 (Sun) 「ヒィィィィッ

14〜16時指定の再配達が16時を過ぎてもこないので、不在票のドライバー番号というのにかけてみました。

「荷物を確認するのでお名前仰ってください」と言われて、慣れないWebで再配達依頼をしたので私が指定時間を間違えたのかもしれないなと思いながら名前を言いました。

そしたら、途端に酷く焦った声で「ヒィィィィ、すみません!」と言われました。

ヒィィィって本当に言ったの、信じてください。

さらに、「30分までにはゴニョゴニョ……」とハッキリした声が届かず、とにかく来るつもりならいいですから大丈夫ですからと電話を切りました。

怒りより、むしろ事故にでもあわないかと心配になる程の焦り様。

よっぽどクレームで怖い思いをしたことがあるんだろうな。



15分程して汗と雨でビショ濡れのおじさんがやってきて、息切れしながら「すみません!」と言われたら、ご苦労様ですと言うしかないですよね。

サインをしたら、「すみませんでしたー!」と走り去って行きました。

50代くらいのおじさんでした。

おじさんも誰かのお父さんだろうか。

父の日、感謝。









06/14 (Tue) 「元気かな

先輩も書いてたけど、昨日は同期の命日でした。

もう3年だってさ。

養成所の間も卒業してからも近くに住んでいたから何度も一緒にご飯を食べたのに、田舎に引き上げて亡くなるまでの何年かは会っていなかったので亡くなった実感が薄いのでしょうか。

「今日か……元気にしてるかな?」

なんて気持ちになります。

ほんとに、どうしてよ。

常陸までお別れしにいって、亡骸に対面してお母さんと泣いたのに、これ以上どう実感するのか。

元気な明るい顔ばかり思い出すからかねぇ。







06/06 (Mon) 「カフェにて

私の町の行きつけのカフェの中に韓国の人がやってるお店があります。

韓国人の男性と女性。(どうやら、二人は夫婦ではない)

通い始めたころから日本語の訛り方から韓国人だなと分かっていたのだけど、なんとなくこちらの素性(韓国語学習者であること)は明かさずに通っていました。

怖かったんです。

こいつ話せるのかな?と思われてペラペラ喋られたら、聞き取れる自信がないもの。



一昨日、ハン検の前日もここで勉強をしていたら、裏紙に書きまくったハングルがたまたま横を通った女性店員さんの目に止まり、バレてしまいました。

実は勉強してるんです、明日が試験なんです……と話したら、

「ファイティン!」

と送り出してくれました。



試験明けて、今日は昨日の問題をもう一度振り返ったり、やりきれていないキクタンの単語を覚えようと来店しました。

まだボツ台本いっぱいあるしね。


「シホンはどうでしたか?」

と言われ、

「シホン?……ああ、試験か……アイゴー(やれやれみたいな感嘆詞)」

「アイゴーですか?残念ですね〜」

みたいな、日本語と韓国語のごちゃ混ぜの会話をして笑いました。

私がアイゴーって言うと、だいたいの韓国の人は笑うなぁ。



이것을 한잔 주세요.

韓国語で飲み物の注文をして、楽しかった。

「どんどんちゅかって(使って)いきましょう!」

と言ってくれました。

うううううううううれしいぃぃぃぃ。

もっと早く言えばよかったなぁ。








06/05 (Sun) 「やめないよー

あーーーーー、むずかったーーーーー!!!


今日は、ついにハングル能力検定試験日を迎えました。

4級と5級を併願した時は一年以上前だったと思います。

5級から4級への距離感に比べて、4級から3級への距離の遠さと来たら……激ムズでありました。

でも、さすがにちょっと難しくなるだけに、チョロっと韓流にハマっただけみたいなチャラチャラしたヤング受験者は少ないように思います。

むしろ、チャラチャラしていたのは私。

だって、受験会場が早稲田大学だったんだもん。



大隈氏と写真撮ったりして、余裕の無さが振り切れて楽しんじゃいました。





ここ数日は、寝る前にテキストを開く気が失せるのを懸念して断酒していました。

といっても、普段あまり一人では飲まないので、試験前だからと我慢してる気分になってたのかもしれません。

だからね、試験の後はえんぬ先生に付き合ってもらって新大久保でキムパブ(海苔巻き)とチメク(チキンとビール)でお疲れ様会してもらいました。

ビールの美味しさときたら、もー!






そして、パッピンス(ミルクのカキ氷)を食べながら筆記問題の採点と説明を……。



思ったほど悪くはないけど、合格するためには聞き取りの点数が足りないだろーなという結果でした。

まだ結果はわかりませんが99%ないと思います。

筆記試験の終わり頃にキツめの差し込みっていうんですかね、腹痛に襲われましたが、それを言い訳に出来るようなミスはありませんでした。

これが、いまの実力だ。


残念なことばかり書いてますが、収穫は沢山ありましたよ。

発音変化に耳が少し慣れてきたりとか。

私が気づいてない収穫もえんぬ先生に指摘され、ちょっと嬉しかった。

中古とはいえ、私にしてみれば高いテキストを何冊も買ったのだから、次回スケジュールが合えばもう一度トライしようと思います。


やめないよー٩( ᐖ )و










05/20 (Fri) 「若冲!

水曜は、先週行けなかった若冲展に麦ちゃんとリベンジしてきました。



午後の方が空いているという情報もいただきましたが、朝から並んでみることに。

3時間しっかり並びました。

私が美術館に入る頃には320分待ちの札が出ていましたよ。

昨日はシルバーデーだったらしく65歳以上の方々は無料だったので、尚更混んだのかもしれません。

おじいちゃんもおばあちゃんも、よく320分も並ぶよなぁ。。

見に来た人の半分くらいはおじいちゃんとおばあちゃんだったように思います。

行列も館内も樟脳と仁丹の香りがほんのりしていました。



館内も激混み。

人だかりが出来ている作品の前に行きたくて並んでいると、「並ばずに後ろから見てください。進みながら見てください」と声をかけられる。

作品を見るためにやっとの思いで館内に入ったのに、そりゃないよ……と頑張って作品に近づいて見ちゃ麦ちゃんと感想を述べあっておりましたが、最後の方はもう息切れ。

最後に展示されている超メインの「鳥獣花木図屏風」にたどり着く頃にはヘロヘロになってしまい、前にも見たことあるからいいやと遠巻きに眺めてしまいました。

あーあ。

でも、ほんっとに行ってよかったなー。



麦ちゃんが作ってきてくれたオニギリを食べたり、若冲の後はアイス食べながらあれこれ相談にのってもらったり、お土産の食料を貰ったり、今週も甘ったれた充実の一日でしたー。



だひゃー!٩( ᐖ )و







05/15 (Sun) 「ドライブ

先日のことですが……

マジリンがドライブに行こうと言うので、エダと3人で行ってきました。

免許取りたてで運転したくて仕方ないらしい。

困ったもんでしょ。

朝早くから高速に乗って山梨県へ。
目的地は富士急。



マジリンが運転する車と富士急のコースターと、どっちが絶叫ものかと思っていましたが、意外と無事に到着できました、ははは。

駐車場で朝ごはんにマジリンが作ってきてくれたサンドイッチとカップケーキを食べました。





ほんっとに、ほんっとに美味しかったです。

富士急って、常に富士山が見える環境で遊べるんですね。

天気のいい日だったから、バッチリ見えました。

アラフォーが3人集まって、遊園地でキャーキャー。



楽しかったです。

フジヤマとドドンパで三半規管やられて1時間半も医務室で眠りましたが、楽しかったです。



行ってよかった!

マジリン、ありがとー。







05/14 (Sat) 「尻を締める

モダンバレエのレッスンに行ってきました。

玉川上水の駅からレッスンをしている幼稚園まで歩いていたら、大きな卵みたいなのを見つけました。

これがそれなんですけど、なんでしょうね。



巣かな、卵かな。

その後も蛇イチゴが生えているのを見つけました。

「これ食べられるんだっけ?」と近寄ったところで後ろに気配を感じて振り返ると、ダンスの先生が笑いながら私を見ていました。

「わか、下校途中の小学生みたいにあっちフラフラ、こっちフラフラして歩いてたよ。笑」

最近、よく小学生みたいだと言われます。

アラフォーなのになぁ。

でも、先生に声をかけられなかったら、天気がいいから玉川上水の川辺まで散策しに降りて、ダンスに遅刻してたかも。

危ない危ない。


今日は、いつもより意識して「尻をギュッと締める」を密かなテーマにしてレッスンに臨みました。

しかし、余裕を無くすと尻をギュッとした途端に口もギュッと真一文字に閉めちゃったり、上半身に力を入れてしまったり……。

尻と口の区別も出来ないのか、私は。。

そして、尻ペタがすでに筋肉痛であります。

なかなか難しいもんですなははは……トホホ。

しかし、筋肉痛の痛みはちょっと好きだったりします。

頑張った証拠って感じがするでしょ。

はー、お腹空いたっ。٩( ᐖ )و









カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
リンク
↑↑人気blogランキングは一日一回の皆さんのクリックが1投票となりランクが決まります。 日々の励みにしますので、読んだら上の文字か記事の一番下にあるバナーをクリックしてください。
プロフィール
名前:
日沖和嘉子
年齢:
39
性別:
女性
誕生日:
1979/04/20
職業:
座長
趣味:
お絵かき・ダンス・漫画・手ぬぐい・鼻歌・つもり貯金
自己紹介:
■ラムネ☆天色堂主宰
■夢:巣鴨に豪邸「ラム☆天御殿」の建設
■特徴:全体的に丸い。大きい。
■血液型:A
■星座:おひつじ座
■好きな食べ物:お母さんのハンバーグ
■好きな漫画:あたしンち
■好きな作家:永井愛
■好きなお菓子:じゃがりこ
■気になる芸人:あした順子・ひろし いがわゆり蚊 アロハ
■最近の楽しみ:コーヒーをブラックでいただく・甥っ子の写メール
■最近の関心ごと:玄米のおいしい炊き方
公演情報

ラズカルズ「魔法」


omote1.jpg

ura1.jpg


◆作/演出:松本たけひろ

◆キャスト(50音順)
井黒英明(バジリコFバジオ
井端珠里RUF
川本喬介はらぺこペンギン!
酒井杏菜劇団黒ハンバーグ
坂根やすしInnocentSphere
佐藤宙輝 (ラズカルズ)
芹澤興人ブレス・チャベス事業部
手塚けだま (ラズカルズ)
日沖和嘉子ラムネ☆天色堂
松本たけひろ (ラズカルズ)
吉牟田眞奈THE SHAMPOO HAT

◆公演期間
2011年4月20日

~4月24日(日) 全8ステージ


◆タイムテーブル
4/20(水) 19:30
4/21(木) 19:30
4/22(金) 15:00 / 19:30
4/23(土) 15:00 / 19:30
4/24(日) 13:00 / 17:00

◆劇場
下北沢 シアター711

◆チケット(全自由席)
前売 3.000円
当日 3.200円


〔お問い合わせ〕
razcals.mahou@gmail.com (24時間)
03-3469-9711(シアター711/12:00~19:00)

 

カウンター
最新記事
(05/02)
(05/01)
バーコード
アーカイブ
アクセス解析
忍者ブログ [PR]